札幌で活動中の5人バンド、トランジスタBooDooの人の日常とかライブ情報とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空腹を越えて

空腹が限界を超えると痛みに変わる。
それが今僕が抱える最大の悩みです。


食事

この忌々しい慣習はいつも我々の苦しみの種であり続けた。
味覚による一瞬の快楽を得るために、人類は料理と言う作業に何十時間、何百時間ととられてきた。
それを避けようと街へ出ると、外食産業に足元を見られ、原価の何倍もの価格で食糧を売りつけられる。

憎き食事め!
まさしく現代のアヘン!

かといってコンビニ弁当や総菜は特にうまいわけでもないし、金はそこそこかかる。連日これを食べ続けるには、摂取の際の苦痛がとても耐えられるものではない。

結局は、食べない、という選択肢をギリギリまで選んでしまう事になる、という構造的な問題がある。


食事を作るのが面倒で面倒で、これが仮にあと60年続くとしたら、僕は面倒という病によって慢性的に精神を冒され続け、血を吐き地べたを這いまわり、蠢き悶えて途中で死ぬだろう。

いつからだろうか、僕にとって、食事は、味わい楽しむものではなく、摂取するだけのものに変わってしまった。
生命活動に最低限必要な栄養源の摂取、それを大義名分とした手抜き料理。そしてその料理は不味く、ますます食欲不振に陥る。そして、より一層、料理を炭水化物やビタミン、タンパク質の複合体としか見られない、無機的な食生活が助長され、食欲は消えていく。


日本がバブル崩壊以降、金融システムの不安定化で陥ったデフレスパイラルのごときこの惨状は、まさしく現在の私そのものである。

しかし、いったいなんだろうか、この浮遊感は。
今日はライブだと言うのにこの気まぐれな駄文をタイプしていることそのものに、僕は不思議な高揚感を得ている。


そうか


分かったぞ。
人類が進化すべき道が。

それは絶食動物への進化である。
栄養を必要とせず、電気的エネルギーを得て生命活動するという選択肢が、今後未来に登場するはずだ。

現在、急速な勢いであらゆる製品のエネルギー源の電化がすすんでいる。
IHクッキングヒーターや電気自動車など、もともと天然ガスやガソリンで動いたいたものが今電化している。この流れは数年後には人体そのものの電動化へと繋がるはずだ。
ホンダのパワードスーツを見よ!
現状では電気が人体をアシストしているにすぎないが、いまにきっと人体のエネルギーそのものが外部から供給されるようになる。そうすれば、我々は一週間に数回程度、身体を維持するだけのささやかな食事をとるだけで生きていけるようになる。

自由だ!
未来には自由がまっている!皿洗いの時間からも、便所にこもる時間からも、人類は解放されるのである!
専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去できるのだ!
恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利をついに獲得できるのだ!

バンザイ!バンザイ!

お腹をすかせた子供に、親が延長コードを差し出す時代がきっとくる!
レストランは、アダプターのレンタル料込みで、一食100円くらいで済むはずだ!
運動部の君は電気自動車の急速充電器を使うといいよ!
仕事がしたくなかったら二―トになって、ずっと公民館で自分を充電していよう!
携帯の電池が切れたら君の尻の穴から電源をとるといい!


そんな未来がきっと来る!
ああ、すばらしき未来!



おなか減ったよ。たしか戸棚にコーンフレークがあったはずだ・・・
スポンサーサイト

プレステ2を分解

去年卒業したサークルの某先輩が、3月に引っ越す時、プレステ2をくれました。
おお、やったラッキー。と思ったのもつかの間、読み込む部分の機械が壊れているのか、プレステのソフトや音楽CDが再生できません。

してやられた・・・!まさか厄介払いか・・・?

暗い炎が自分の中で揺らめくのを感じました。でも引っ越しに使ったハイエースはやけに揺れがひどかったので、きっとそのせいで不調になったのでしょう。それにプレステ2やDVDは再生できますから、使えるは使えるんですけどね。

ところでこれを修理に出すといくらかかるのでしょう。ソニーのHPなどで調べてみると、CDが再生できない場合、光デバイスの交換9800円とからしいです。
ば、バカバカしい・・・

そんなに使わないプレステにそんなお金出ませんよ。頑張ってネット上を探せば新しめ中古だって買えそうな値段だな。しかし使わないといってもたまーにやりたくなるんだな。中毒のようにやりたくなるんだな。

しかしインターネットで検索してみると、どうも分解して「レーザーの出力を上げるネジ」みたいのを回すと治る、みたいなことが書いてある。しかしそのネジ、プレ2の相当内部に組み込まれているものらしい。結局サイトに従って分解してみることになるんだけど、罪悪感でいっぱいでした。一番最初に「このテープをはがすと有償無償を問わず修理が受けられなくなります」みたいなシールをはがさないと中を開けられないのが一番きつい…

勇気を出してかなり分解しました。みじめな姿になったプレステ2をカメラに収めた。
CIMG0472.jpg


ネットの情報に従って、直径二ミリくらいの小さなネジを15度くらい回す。なんでもこのネジを回しすぎるとデバイスが焼けて溶けるとか書いてあるんですが・・・。で、もう一回途中まで組み立てて再生。
CIMG0479.jpg
あられもない姿のプレステに再生を強いる。

しかし相変わらずソフトを読み込まない。

そこで思い切ってネジを90度くらい回してみた。これで機械が炎上したらきっとそれはそれでいい絵が撮れるでしょう。

しかし、もう一回組み立ててみると、懸念に反してCDを読み込むようになった。
CIMG0476.jpg


なんと、自分でプレステが直せてしまった。

なんだよ、素人がネジちょっと回したら治るじゃねえか。ソニーこれで9800円取るのかよ…('ё`)
おっと、このブログは実名が出てる上に私は就活を控えていますからね!企業の悪口はそこまでだぜ!

まあソニーを受けるか受けないかは置いといて、せっかく治ったプレステですが、就活に有害なのでなるべく控えるようにはしますよ。

インターンシップに行ってきました。

二週間は長かった。ネットが使えない・・・
会社でネットはつながってるんだけど、すごい統制されてました。
どのくらいかというと、教えてgooが見られません。
ブログ類とか会員登録が必要なサイトとか、ゲームに関係あるところとかも。

有意義ではありましたけどね。
社会人でも飲み会はあんまりF研と変わらなかったです。
おっさんとたくさん話せました。課長は下ネタが大好きでしたが、F研の3年目男くらいのレベルでした。多分岩田君くらいです。
係長は40そこそこで、婚活中でした。でも家が5LDKくらいありました。吹き抜けでした。苫小牧の土地の安さを見くびっていました。
人事課のお兄さんは、まだ24なのにマークXという高級車で通勤していました。会社の行き帰りはその方に時速140キロで送ってもらいました。もちろん一般道です。苫小牧の一部は治外法権だという風に説明を受けて、納得しました。

技術部(理系)の人たちは管理部(文系)の人たちが嫌いみたいでした。ちなみに僕は管理部の生産企画課というところに配属されたのですが、技術部の人たちにもバーベキューに呼んでもらいました。しかし彼らはインターン生そっちのけでずっと管理部の人たちを無能だと罵っていました。
でも技術部は男臭かったです。無能でもなんでもいいから、管理部でよかったなあと思いました。

そして飲み会に出席することの大切さを再認識しました。
まあそんなところです。

いや、ほんとはもっとあるんですよ。仕事にはなにが必要とされるっぽいとか。でもそんなの大学に提出する、インターンの感想文みたいなのに書かされるのでうんざりです。
大学のインターン窓口の人に一回書類持っていき忘れて怒られたから、もう関わりたくありません…
いやだあ。めんどくさい―

GO TO THE FUTURE

よく酒の席で話題に上がることが多いドラえもんですが、最近、ドラえもんのどこでもドア社会科学があつい。

どこでもドアが現代に現れたら一体社会はどうなってしまうでしょう。まず身近なところから考えていきましょう。人通りの多さや、店舗数の多さに依存している商店は、あっという間に淘汰されるでしょう。どの店舗に行くのにも、手間は同じですからね。どれだけ郊外にあろうと、一番安いディスカウントストアに人が集まるになります。そのため一番安い価格設定をできる大手企業だけが生き残り、コンビニや個人商店は壊滅するでしょう。多くの失業者が生まれます。

移動手段としての自動車ももう必要ありません。金持ちの道楽になります。日本の自動車業界は、部品の製造、完成品の製造・販売や整備、ガソリンスタンドの経営などを入れると、500万人近くの雇用を抱えています。単純にその雇用が半分になるだけで、失業率は4%近く上がります。航空業や陸・海の運送業も無用ですから、さらに雇用は失われます。

そもそも外国にも自由に行けるんだから不法滞在者が激増するでしょう。外国人は安く働いてくれるし、安い外国製品が税関を通らないでダイレクトに入ってくる(入ってこなくてもダイレクトに買いに行ける)から、日本人は雇われず日本製品の多くも売れなくなるでしょう。経済は大変なことになります。

こうして失業者が世の中にあふれる上に、犯罪はどこでもドアによって格段にやりやすくなります。窃盗、強盗、万引き、痴漢、強姦、放火、殺人など世の中には犯罪が多くありますが、多くは現場に行き、現場から逃げるというプロセスが必要になります。

どこでもドアでは、人に知られず見つからず静かに現場に行って、すぐ離れることが可能です。、さらに事件を聞きつけた警察の調査も、空間を超える犯行には無力です。北海道で友人と談笑している際にトイレで席を立って、ちょっと沖縄で人を殺して戻ってくることも可能です。アリバイもくそもありません。

万一警察に捕まりそうになったら外国に高跳びしましょう。外国で時効を迎えるまで暮らします。言葉が通じないので、捕まらなそうな日本の仕事を選び、日本の職場に通います。

人々の生活も激変します。表を歩くのは散歩する人くらいで、町中が静まりかえるでしょう。みんな家に引きこもりがちになり、全然運動しないので脚力は退化します。足が紐のように細くなるでしょう。道路はただの空き地で、整備する必要がありません。道には草がぼうぼうと茂り、どこも一面荒れ地のようになるでしょう。

ドラえもんはこんな世界に生きているんです。大変でしょう?20世紀に逃げてきたくもなります。1970年代なんて最高にいい時代ですよね。僕ならのびたの世話なんかなくても、21世紀の人間としても、当時に逃げ帰りたいですね。就職もいいし…

この話は考えればまだまだ細かいところを詰められます。どこでもドアの販売が制限されて一部の公共機関でしか使えなくなったり、免許制になって常に個人情報を入力しないと使えなくなったりとかね。きっとどこでもドアが使用後に残す微弱な電流みたいなのから、犯罪の追跡が可能になったりするんでしょう。どこでもドア製造業はハイテク技術を駆使していますから、日本の自動車に代わる基幹産業になるでしょう。地価が高い東京には人が減り、みんな郊外に住むので家は広くなります。これはいいですね。

きっと22世紀はいいところです。

Top

HOME

トランジスタのひと

Author:トランジスタのひと

トランジスタBooDooは札幌で活動しているバンドです
5人でやっております

Vo.Rena Todo / Gt.Hitotsu Asahi / Ba.Kazuki Takeda /
Dr.Mariko Suzuki / Key.Satsuki Seino
-----------------------
【live information】
現在ライブの予定はありません


-----------------------
【MySpace】

 曲の視聴はこちらから

チケットに関するお問い合わせなどこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。